古町の大いちょう

建久年間会津四家の一人、初代河原田盛光が、東館、西館を築いて重臣を住まわせ、その時に植えた庭樹と言い伝えられています。昔は乳の神として村民の信仰も厚く、上州や越後からの参詣者も多く訪れました。樹齢800年と推定され、樹高35m、根廻り16m、目通り11mの巨木です。

古町の大いちょうのアクセス・周辺地図

住所・場所 福島県南会津郡南会津町古町字居平11-6車、徒歩で行く(Yahoo!地図)

大きい地図で見る(Yahoo!地図)

古町の大いちょうの基本情報

電話番号 0241-76-7715
入場料無料
ライトアップあり
見ごろ予想10月下旬〜11月上旬
樹木の種類イチョウ

東北のおすすめ日帰りコース

このスポットをシェアする