09:00 日帰り温泉 別府温泉

日本有数の豊富な湯量と多様な泉質を誇る別府温泉

別府湾を望む風光明媚な地に、別府、浜脇、観海寺、堀田、明礬、鉄輪、柴石、亀川の8つの温泉郷があります。泉質や効能はもちろん、砂湯、泥湯、蒸湯などその入浴スタイルもさまざまです。別府温泉郷にある竹瓦温泉(入浴100円)は、明治12年創業の歴史ある共同浴場。温泉で温めた砂のなかに浴衣を着て入る砂湯(入浴1030円)が名物で、ずっしりした砂の重さですぐさま汗が吹き出てきます。抜群の発汗効果とデトックス効果で、心身ともにリフレッシュ!

見どころ

別府市内に湧く別府八湯温泉郷には100箇所を超える共同浴場があり、ツウ好みの個性派温泉が点在しています。地元民に愛される“ジモ泉”をゆっくり楽しむなら、比較的空いている朝がおすすめ。別府市内に湧く別府八湯温泉郷には100箇所を超える共同浴場があり、ツウ好みの個性派温泉が点在しています。地元民に愛される“ジモ泉”をゆっくり楽しむなら、比較的空いている朝がおすすめ。

住所
大分県別府市上野口町1-15Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR別府駅から徒歩5分〜Yahoo!路線情報で見る
電話番号
0977-24-2828(別府市観光協会)
URL
http://www.beppu-navi.jp/(外部サイト)
車での行き方
別府ICから車で5分〜
駐車場の有無
近隣駐車場利用
営業時間
施設によって異なる
休業日
施設によって異なる
料金
施設によって異なる

11:00 カフェ ティールームNicol

人気温泉地・湯布院で優雅にお茶を楽しむ

JR由布院駅から金鱗湖まで続く湯の坪街道沿いには、パティスリーやジャム工房、地元産野菜を使ったレストラン、雑貨店がずらりと並びます。街道の散策に疲れたら、湯布院屈指の名旅館、玉の湯へ。施設内のティールームNicolは、宿泊客以外も利用可能です。森にせり出すようにつくられたテラスで、名物のアップルパイ520円や、シフォンケーキ480円、別府市内にある友永パン屋のあんぱん140円などを、こだわりのドリンクと一緒に楽しめます。

見どころ

旅館、由布院 玉の湯の喫茶室。名物のアップルパイは1日12皿限定で、早ければ昼には完売という人気メニューです。秋色に染まった庭を見ながら、のんびりと過ごせます。

住所
大分県由布市湯布院町川上2731-1Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR由布院駅から徒歩15分Yahoo!路線情報で見る
電話番号
0977-84-2158(玉の湯)
URL
http://www.tamanoyu.co.jp/(外部サイト)
車での行き方
湯布院ICから車で10分
駐車場の有無
あり(30台)
営業時間
9:00〜17:00
休業日
無休

13:30 紅葉スポット 耶馬渓

真っ赤に彩られる一目八景の渓谷美

新日本三景のひとつで、国の名勝に指定されている耶馬溪。本耶馬渓、裏耶馬溪、深耶馬溪と、広い範囲て?紅葉を楽しむことができます。なかでもイチオシなのが、深耶馬溪。紅葉は10月下旬から色づき始め、11月中旬に見頃を迎えます。夫婦岩、烏帽子岩、鷲の巣山など8つの景色を一度に見渡せる景勝地、一 目八景からの展望が見事です。絶壁や石柱が連なる岩峰に、真っ赤に燃えたヤマモミジが色を添えます。

見どころ

岩肌の荒々しい8つの峰が一望できる一目八景が見どころです。深耶馬渓は遊歩道を散策しながら紅葉狩りを楽しめる景勝地でもあります。麗谷コースは片道約30分の穴場です。岩肌の荒々しい8つの峰が一望できる一目八景が見どころです。深耶馬渓は遊歩道を散策しながら紅葉狩りを楽しめる景勝地でもあります。麗谷コースは片道約30分の穴場です。

住所
大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR豊後森駅から玖珠観光バスで40分、深耶馬溪温泉下車、徒歩3分Yahoo!路線情報で見る
見ごろ
11月中〜下旬
電話番号
0979-64-6565(中津耶馬溪観光協会)
URL
http://www.nakatsuyaba.com/(外部サイト)
車での行き方
玖珠ICから車で15分
駐車場の有無
あり(250台)
営業時間
散策自由
休業日
散策自由
料金
散策自由
備考
ライトアップ
10月26日〜11月29日、17:30〜20:30。
(紅葉の状態により前後する可能性あり)

15:00 紅葉スポット 日本庭園 渓石園

日本庭園で紅葉を愛でながらランチ

耶馬溪ダムの完成を記念して、昭和62年につくられた日本庭園 溪石園。約2万m2の敷地に、ダムの水を利用し耶馬溪の渓流や滝を再現しています。高さ6mの巨石を配置するなど、耶馬溪の奇岩12万個を使った造成が見事です。紅葉はもちろん、桜の時期も多くの観光客で賑わいます。お弁当などの持ち込みは禁止ですが、入口にある食事処 さくら茶屋では、とり天定食1620円や耶馬溪の郷土名物が食べられます。

見どころ

耶馬溪の自然が濃縮した、広さ2万平方m2のロックガーデン。約3万本の樹木がつくる四季折々の景観が楽しめます。秋は紅葉の名所としても有名です。

住所
大分県中津市耶馬溪町大島2286−1Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR中津駅から大分交通バ スで50分、耶馬溪中学校前下車、徒歩5分Yahoo!路線情報で見る
見ごろ
11月上〜下旬
電話番号
0979-64-6565(中津耶馬溪観光協会)
URL
http://www.nakatsuyaba.com/(外部サイト)
車での行き方
日田ICから車で40分
駐車場の有無
あり(150台)
営業時間
8:00〜18:00
休業日
無休
料金
無料

16:30 紅葉スポット 青の洞門

ダイナミックな断崖絶壁と洞門が紅に染まる

歌川広重の浮世絵や、菊池寛の小説『恩讐の彼方に』でも知られる青の洞門。江戸時代、禅海和尚が、ノミと槌だけで30年をかけて掘り抜いたと言われる洞門です。内部は車道と歩道に分かれており、徒歩でも車でも通ることができます。洞門上にそびえる断崖絶壁の競秀峰と一体になった景色は、必見。秋になると、狭い岩間から覗く木々か?鮮やかに紅葉し、迫力ある岩肌と相まって、絶好の撮影スポットとなります。

見どころ

観光名所の青の洞門が見事な紅葉に彩られます。道外れにある旧道には、250年以上前に掘られたとされるノミの跡が今も残ります。時間があったらぜひ行ってみて。

住所
大分県中津市本耶馬渓町曽木Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR中津駅から柿坂行きバスで30分、青の洞門下車すぐYahoo!路線情報で見る
見ごろ
11月中〜下旬
電話番号
0979-64-6565(中津耶馬溪観光協会)
URL
http://www.nakatsuyaba.com/(外部サイト)
車での行き方
日田ICから車で40分
駐車場の有無
あり(150台)
営業時間
散策自由
休業日
散策自由
料金
無料