10:00 紅葉スポット 渡月橋

(左)京都市メディア支援センター

鮮やかな紅葉と橋が作り出す優雅な風景

大堰川(おおいがわ)に架かる全長155mの渡月橋は、嵐山のシンボル。承和年間(834〜48)に僧道昌が架橋しました。渡月橋の名は鎌倉時代に亀山上皇が満月の夜に舟遊びをされ、月が橋の上を渡るように見えたことから「くまなき月の渡るに似る」と詠われたことに由来するといいます。2001(平成13)年3月にリニューアルされた現在の橋は、風光明媚な嵐山の景観にしっかりと溶け込んでいます。

見どころ

川沿いから眺めると、木造の欄干をもつ橋と紅葉が調和した景色と出合えます。また、橋の上から上流のほうに目を向けると、紅葉色に染まった山々が重なって見えます。

住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町Yahoo!地図で見る
電車での行き方
京福電鉄嵐山駅から徒歩すぐYahoo!路線情報で見る
見ごろ
11月下旬〜12月初旬
URL
https://www.kyokanko.or.jp/(外部サイト)
車での行き方
京都南ICから車で40分
駐車場の有無
あり(105台)
営業時間
散策自由
休業日
散策自由
備考
京都・嵐山花灯路2016 12月9〜18日
17:00〜20:30
http://www.hanatouro.jp/(外部サイト)
嵐山もみじ祭 11月8日
10:30〜15:00
http://www.arashiyamahoshokai.com/(外部サイト)

11:00 紅葉スポット 天龍寺

庭園を染める紅葉が見事な世界遺産の名刹

暦応2(1339)年、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建立した天龍寺は、京都五山の中でももっとも栄えたといわれます。最盛期には150あまりの塔頭を数えましたが、幾度も大火に遭い、現在の諸堂の大半は明治時代に再建されたものです。壮大な曹源池庭園は夢窓疎石作の名庭。2枚の巨石を立てた龍門の滝や日本最古の石橋など作庭当時の面影をよく留め、国の史跡・特別名勝に指定、ユネスコ世界文化遺産にも認定されています。

見どころ

池泉回遊式の曹源池庭園は、嵐山を借景とした京都でも有数の名庭。カエデ、ツツジ、サクラ、ハナミズキなどが紅葉する様は見事で、池の水面に映る木々の美しさが印象的です。

住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68Yahoo!地図で見る
電車での行き方
京福電鉄嵐山駅から徒歩すぐYahoo!路線情報で見る
見ごろ
11月下旬〜12月上旬
電話番号
075-881-1235
URL
http://www.tenryuji.com/(外部サイト)
車での行き方
京都南ICから車で50分
駐車場の有無
あり(120台):1000円
営業時間
8:30〜17:30(10月21日〜3月20日は〜17:00)、紅葉時期(11月3・5日〜12月4日)は曹源池庭園のみ早朝参拝可能(7:30〜)
休業日
無休
料金
庭園参拝料500円(諸堂参拝料は別途300円、法堂の雲龍図鑑賞は別途500円)

13:07 紅葉スポット 嵯峨野トロッコ列車

車窓からの紅葉の山並みと清流に興奮

嵯峨野から亀岡まで、保津川の渓谷沿いの約7.3劼鬚よそ25分で結ぶ嵯峨野トロッコ列車。レトロな5両編成の客車は、木製の座席が郷愁を掻き立てます。窓ガラスを取り外したオープン型の車両「ザ・リッチ号」は、特に人気。全席指定なので、紅葉シーズンは前売券を買っておいたほうが安心です(ザ・リッチ号は当日販売のみ)。鉄橋の上の絶景ポイントでは、徐行してくれるサービスも。

見どころ

嵐山〜亀岡間には約2000本のカエデや山桜があります。途中でトンネルを抜けたり、鉄橋を渡ったりと沿線は変化に富み、風を感じながら紅葉と保津川の渓谷美が楽しめます。

住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR嵯峨嵐山駅から徒歩すぐYahoo!路線情報で見る
見ごろ
11月下旬〜12月上旬
電話番号
075-861-7444 (嵯峨野観光鉄道株式会社テレフォンサービス)
URL
http://www.sagano-kanko.co.jp/(外部サイト)
車での行き方
京都南ICから車で45分
駐車場の有無
なし
営業時間
8:30〜17:00(臨時列車運転日は営業時間延長。HPで確認または要問合せ)
休業日
水曜(祝日の場合と春休み、G.W.、夏休み、紅葉の時期などは運転、11月は無休)
料金
乗車料片道620円
備考
ライトアップ
10月中旬〜12月上旬
16:30頃(予定)〜最終便まで ※詳細はホームページをご確認ください

14:00 紅葉スポット 保津川下り

川を下りながら渓谷美を間近で愛でる

亀岡の乗船場から嵐山の下船場まで、約16kmの渓流を約2時間で下る保津川船下り。丹波地方から京の都へ物資を運んでいた荷船が、明治末ごろから観光用の遊船へと転換したのだとか。1隻約30人乗りの船は、船長、中綱、先綱の3人が竿さし、櫂(かい)、舵取りと分担しながら操ります。船上から見上げる渓谷は、モミジやケヤキなどに彩られて息をのむほどの美しさ。水しぶきを浴びながら、緩急のある川の流れを進むと胸も躍ります。

見どころ

四季それぞれの景観と激流でのスリルが満喫できるのが、川下りの醍醐味。紅葉の中を進む船からは、色とりどりに染まった渓谷の風景と水面に映る紅葉が存分に楽しめます。

住所
京都府亀岡市保津町下中島2Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR亀岡駅北口から徒歩8分Yahoo!路線情報で見る
見ごろ
11月下旬〜12月上旬
電話番号
0771-22-5846 (保津川遊船企業組合)
URL
http://www.hozugawakudari.jp/(外部サイト)
車での行き方
篠ICから車で10分
駐車場の有無
あり(80台)
営業時間
9:00〜15:30(1日7便、土・日曜、祝日は随時運航。12月1日〜3月9日は10:00〜1日4便)
休業日
9月7日、暴風雨および増水や渇水による川止め時
料金
乗船料4100円

16:30 カフェ eX cafe 京都嵐山本店

路地裏カフェでこだわり和スイーツを

昭和初期に建てられた旧邸宅を改装したeX cafe 京都嵐山本店。北欧のアンティーク家具が配された店内は、和洋折衷のモダンな空間。画家・木村英輝氏による壁絵や襖絵が飾られた和室も2室あります。自家製スイーツが好評で、有機栽培の抹茶を使ったアイスやわらびもちに小さな傘をあしらった天龍寺パフェ972円や、竹炭を練り込んだ生地で甘さ控えめのクリームを巻いた京黒ロールくろまる648円などがおすすめです。

見どころ

広さ約400屬瞭本庭園が心を癒してくれるカフェ。手入れが行き届いて趣ある石庭は、店内のすべての席から観賞可能。秋になると、赤くなったモミジの葉が彩りを添えます。

住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-3Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR嵯峨嵐山駅から徒歩10分、または京福電鉄嵐山駅から徒歩2分Yahoo!路線情報で見る
電話番号
075-882-6366
URL
http://www.inden-style.jp/ex_arashiyama/index.html(外部サイト)
車での行き方
京都南ICから50分
駐車場の有無
なし
営業時間
10:00〜18:00(17:30LO)
休業日
不定休