10:00 寺社 日光東照宮

(左・右上)日光東照宮、(右下)日光東照宮(陽明門は平成29年3月まで修理中)

江戸時代の建築・芸術の粋を集めた建築群

元和3(1617)年、徳川家康を祭神として2代将軍秀忠が創建した日光東照宮。その後、家康公を深く尊敬していた3代将軍家光が寛永13(1636)年に大造替を行いました。現在の社殿群のほとんどはその際に建て替えられたものです。境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並んでいます。それらは全国各地から集められた名工や絵師たちによって、細密な彫刻が施され、極彩色に彩られています。

見どころ

極彩色の彫刻で覆われた陽明門をはじめ、神厩舎(しんきゅうしゃ)に彫られた三猿や奥社入口を守る眠り猫なども、細部までじっくり見ておきたいところです。

住所
栃木県日光市山内2301Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から東武バスで5分、神橋下車、徒歩15分Yahoo!路線情報で見る
見ごろ
11月中〜下旬
電話番号
0288-54-0560
車での行き方
日光ICから車で10分
駐車場の有無
あり(200台):600円
営業時間
8:00〜17:00(11〜3月は〜16:00、最終受付は閉門30分前)
休業日
無休
料金
参拝料(眠猫・奥社含む)大人・高校生1300円、小・中学生450円

12:00 和食 日光ゆば遊膳

日光名物のゆばをカジュアルな雰囲気で堪能

日光ゆばは山岳宗教が盛んだった頃、僧や修験者たちによって魚類に代わる貴重な食品として食べられていたもの。日光ゆば遊膳では、伝統ある日光ゆばを気軽に楽しむことができます。ゆばしゃぶをメインにした遊膳3300円や、生ゆばの刺身、揚げ巻きゆば、ゆばの煮物、デザートの豆乳プリンなどがセットになった花膳2800円などがあり、ゆばの食感、味わいをバリエーション豊かに堪能できます。

見どころ

伝統ある日光ゆばを、料理人のセンスを感じさせる創作料理として味わえます。献立は季節ごとに少しずつ変わり、秋はキノコなど旬の味覚が取り入れられています。

住所
栃木県日光市安川町1-22Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から東武バスで7分、総合会館前駅下車、徒歩3分Yahoo!路線情報で見る
電話番号
0288-53-0353
URL
http://www.nikko-yubayuzen.com/(外部サイト)
車での行き方
日光ICから車で5分
駐車場の有無
あり(18台)
営業時間
11:30〜15:00(材料がなくなり次第閉店)
休業日
水曜(祝日の場合は翌日)

13:00 紅葉スポット いろは坂

48のカーブが続く絶景のドライブルート

いろは坂は、日光市街と中禅寺湖や奥日光を結ぶ国道120号の坂道。全長15.8kmの間に48カ所の急カーブがあり、上り専用の第二いろは坂が「い」〜「ね」、下り専用の第一いろは坂が「な」〜「ん」と、順に「いろは48文字」の名前が付いています。第二いろは坂の途中には見晴らしのよい黒髪平と明智平の休憩所があり、明智平からロープウェイで標高1473mの展望台まで上がると、中禅寺湖や華厳ノ滝、男体山などがパノラマで一望できます。

見どころ

カエデ、モミジ、ナナカマドなどで山一面が彩られます。標高差があるため、時期によっては、坂を上るにつれて紅葉の色合いが濃くなっていく様子に見入ってしまうはず。

住所
栃木県日光市細尾〜日光市中宮祠Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から東武バスで30分、明智平下車、徒歩1分(明智平展望台へいく場合)Yahoo!路線情報で見る
見ごろ
10月中〜下旬
電話番号
0288-22-1525(日光市観光協会)
URL
http://www.nikko-kankou.org/(外部サイト)
車での行き方
明智平駐車場(60台)
駐車場の有無
あり(50台・芦ノ湖遊覧船、70台・箱根海賊船)、近隣駐車場利用、有料は1時間320円〜、無料もあり
営業時間
散策自由
休業日
散策自由
備考
明智平ロープウェイは9:00〜16:00、無休(荒天時臨時運休あり)、大人往復730円、子ども往復370円。0288-55-0331(明智平ロープウェイ)

18:00 紅葉スポット 中禅寺湖

秋色の湖面を爽快にクルージング

奥日光の入口にある中禅寺湖は、標高1269mに位置し、周囲は約25辧C紡了海諒火によって、堰き止められてできたといわれています。周辺にはミズナラやブナを中心とした天然林が多く、紅葉シーズンには色とりどりに染まります。特に紅葉が美しい場所として、湖に突き出た八丁出島が知られています。湖畔を散策しながら、美しく色づいた木々が湖面に映る光景を満喫しましょう。

見どころ

紅葉の時期には、中禅寺湖を一周するもみじ廻りコース1500円(約1時間)が運航されています。湖面に映る紅葉と青い空、周りの山々とのコラボレーションが見事。

住所
栃木県日光市中宮祠Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から東武バスで40分、中禅寺温泉下車、徒歩1分[遊覧船利用の場合]JR日光駅・東武日光駅から東武バス[湯元温泉方面行き]で50分、遊覧船発着所下車徒歩1分Yahoo!路線情報で見る
見ごろ
10月中〜下旬
電話番号
0288-22-1525(日光市観光協会)
0288-55-0360(中禅寺湖機船)
URL
http://www.nikko-kankou.org/(外部サイト)
http://www.chuzenjiko-cruise.com/(外部サイト)
車での行き方
清滝ICから車で20分
駐車場の有無
湖畔駐車場(276台)
営業時間
散策自由、中禅寺湖機船9:00〜17:00
休業日
散策自由
料金
遊覧船乗船料1500円(1周航路)

15:30 紅葉スポット 華厳ノ滝

轟音とともに勢いよく流れ落ちる大瀑布

中禅寺湖から流れ出た水が、落差97mの絶壁からほとばしる華厳の滝。袋田の滝、那智の滝と並んで、日本三名瀑のひとつにも数えられています。滝上にも無料の観瀑台がありますが、往復550円のエレベータで滝壺の近くまで下りて正面から眺めると、水しぶきを上げる豪快な姿が見られます。秋になると、周りの木々の赤や黄色の紅葉に白い滝が映えて、見ごたえのある光景が楽しめます。

見どころ

スケールの大きさを感じたいなら、エレベーターで100mほど下り、滝壺付近にある観瀑台へ。ごうごうと音をたてて、大量の水が勢いよく流れ落ちる様子が間近で体感できます。

住所
栃木県日光市中宮祠2479-2Yahoo!地図で見る
電車での行き方
JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から東武バスで40分、中禅寺温泉下車、徒歩5分Yahoo!路線情報で見る
見ごろ
10月中〜下旬
電話番号
0288-55-0030(華厳滝エレベーター営業所)
URL
http://kegon.jp/(外部サイト)
車での行き方
清滝ICから車で20分
駐車場の有無
県営駐車場(200台)
営業時間
見学自由(エレベータ―利用可能時間8:00〜17:00、季節・天候により変動あり)
休業日
年中無休
料金
エレベーター往復550円